今や、我々は先進国に住み、曲がりなりにも衣食住で大問題を抱えているわけでないので、豊かな生活を謳歌していると言えます。

現在の節約生活の行い方について

就職氷河期にアルバイトしか見つからなかった人に生活再建策

現在の節約生活の行い方について 今や、我々は先進国に住み、曲がりなりにも衣食住で大問題を抱えているわけでないので、豊かな生活を謳歌していると言えます。しかしながら、一方で、家庭単位で見ると経済的格差が広がっていて食べていくだけで精一杯の人が増えていることも事実です。中でも、高齢になり、わずかな年金だけしか受給できず、預貯金で穴埋めしながら生活していても使い果たした段階で必然的に生活保護を受けるようになる人が多くなっています。

ところが、学校卒業時期に就職氷河期に遭遇して希望する職業に就けず、アルバイト収入だけで貯蓄もできず、将来的に明るい未来を描けないまま中年族に差し掛かった人の中に生活苦を訴える人が増えています。若い時は親元を離れて賃貸住まいで何とかやりくりしながら気楽な一人暮らしを続けていても、低収入で結婚できそうもないと思って諦め、家庭を持たずに独身生活のままでいると歳を取るにつれて日常生活に侘しさだけでなく生活不安を覚えてくるようです。そこで、親が生きている場合は実家のある親元へ引越して同居しようとする人が増えています。

アルバイト生活を続けていた程度では職業観をしっかり持てるわけでなく、中には、親の年金を当てにする人もいる程です。こうして、景気の上向いている時期ですから欲をいわなければアルバイトの職くらいを見つけてパラサイトシングルを決め込む中年族も増えているわけですが、雇用市場の見通しが明るい内にこの中年族にしっかりした職を見つける機会を提供すべきです。

Copyright (C)2019現在の節約生活の行い方について.All rights reserved.