雨が降ってきたときには傘をさす人が多いでしょう。

現在の節約生活の行い方について

傘の撥水性を復活させる生活の方法を知っておく

現在の節約生活の行い方について 雨が降ってきたときには傘をさす人が多いでしょう。日本では多くの地域で梅雨があります。梅雨以外でも雨が多い時期があるのでしっかりと対策をする必要があります。傘には最近よく見かけるようになったビニール傘があります。安くてちょっと雨をしのぐにはもってこいの道具になります。しかししっかりと雨を防ごうとすると少し物足りなく感じることがあります。

布製のタイプの傘の場合は非常に使い勝手が良いことがあります。特に購入したての時にそれを感じます。使い易く感じるのは撥水性がいいタイプを利用した時です。まず差しているときにもどんどん水を撥水してくれます。さらに折りたたむときにもすぐに水気が取れます。電車の車内などでぬれたままの傘を持つことがありますが、撥水性が高いとすぐに水が落ちてくれます。

長く使っていると布の傘の撥水性はどんどんなくなってきます。生活のために新しいものを買い替える人もいるでしょう。それは少しもったいないです。実は簡単な方法で撥水性が復活できるからです。方法はドライヤーで熱風を与えることです。元々繊維には撥水加工がされていますが、長く使うことでその効果が取れます。でも熱を加えることで復活してくれます。

Copyright (C)2019現在の節約生活の行い方について.All rights reserved.