雨が降っているときにお店に入ることがあります。

現在の節約生活の行い方について

傘を間違われない生活の工夫をしておく

現在の節約生活の行い方について 雨が降っているときにお店に入ることがあります。スーパーなどなら傘専用のビニール袋が置かれていてそれに入れるようにするでしょう。自分で持っているので誰かのものと間違えることはありません。間違って持っていかれることもありません。すべての店に置かれているわけではなくお店によっては傘立てが置いてあるだけのことがあります。この時には傘立てを使います。

傘立てに傘を置いていると起きることとしては傘の間違いです。よく似た柄の傘があったり、ビニール傘となるとほとんど区別がつきません。多くの人が同じタイプを持っているので置いた場所を覚えておくことで間違えないようにすることもあります。でも自分がいくら覚えていても相手が間違えれば意味がありません。出るときに置いたところに傘がない場合があります。

生活の中ではあまり傘を間違われたくありません。そこで間違われない工夫をしておきます。柄の部分に特別なカバーをつけておきます。名前を書いておく方法もありますが、あまり大きくかけないためわからないことがあります。でも柄の部分のカバーをしている人はあまりいません。ですから一目で区別をすることができます。カバーは購入することもできますし、自分で作ることもできます。

Copyright (C)2019現在の節約生活の行い方について.All rights reserved.