除湿剤を部屋に置いておくことがあります。

現在の節約生活の行い方について

シリカゲルタイプの乾燥材を生活に役立てる

現在の節約生活の行い方について 除湿剤を部屋に置いておくことがあります。置いておくだけで水がたくさんたまるのでびっくりすることがあります。梅雨の時期になると湿気が多くなるのですぐに水がたまります。この場合の乾燥材は使い捨てタイプになります。水がたまったら使うことができなくなるのでその後は捨てますそれ以外にいろいろなタイプの乾燥材があります。石灰タイプやシリカゲルタイプがあります。

石灰タイプのものは使えなくなると捨てるしかありません。生活に役立てやすいのがシリカゲルと言われるタイプです。小さい粒状のものが多く、水分を吸収すると色が変わります。シリカゲルの特長は繰り返し使うことができることです。水分を吸収した後に天日干しなどで乾燥させると新品と同じように乾燥材として使うことができます。何度も繰り返し使うことができます。

塗れた靴に入れておくことで乾燥を促す場合があります。また布団などの乾燥に使うこともあります。シート状になっているものであれば服を乾燥させるのに使えることがあります。服の上からシートをかぶせておくと、シリカゲルの影響によってどんどん水分を取ることができます。雨の日などだと外に出すことが難しくなります。その時でも簡単に干すことができます。量を多くするとより早く乾燥させられます。

Copyright (C)2019現在の節約生活の行い方について.All rights reserved.